みんなが稼いでいるモニターバイトはコレ!

モニターバイトはどうやって稼ぐの?詳しいとこまで解説いたします。

*

モニターバイトと言っても種類はさまざま。おすすめは?

近頃よく耳にするモニターバイト。
あなたの周りでも始めている人は多いはず。
でも、ひとくちにモニターバイトといっても、なんだかいろんな種類がありそうですよね。

いったいどんな種類があって、それぞれどんな特徴があるのでしょう!?
そして、ズバリおすすめは!?

モニターバイトの種類は!?

モニターバイトで代表的なのは、「アンケートモニター」、「商品モニター」、「食品モニター」、「ミステリーショッパー」、「治験」などがあります。

アンケートモニターは、インターネットを通じて簡単なアンケートに答えるものが多いですが、座談会やインタビュー形式のものもあります。
また、街角でリサーチ会社の人に声をかけられて、会場に行ってアンケートに答えた、という経験がある人もいますよね。
アンケートモニターは募集する頻度も高く、一番ポピュラーなお仕事でしょう。

商品モニターや食品モニターは、実際に商品を試用したり試食したりして、その商品についてのレポートを提出します。
開発中の商品や、発売中の商品の感想を聞き、商品開発やマーケティング戦略に生かすために行われるのが一般的ですが、中には使った感想を口コミサイトやブログに書き込むように指示があるものもあり、その商品の知名度を上げるために行われるモニターもあります。

ミステリーショッパーは、指定されたお店などに客として出向き、サービスの質や従業員の接客態度、商品状態などをチェックし、レポートするお仕事です。
決められたチェック項目に沿って、評価していきます。
飲食店や美容院、エステサロン、各種サービスカウンターなどが多いのですが、そこで使った料金は、後日報酬とともに支払われるようになっています。
つまり、タダで食事ができたり、サービスが受けられるので、とても人気があります。
サービス内容によっては、一部自己負担だったり、無料でサービスを受けるかわりに報酬なし、ということもあるので、応募前にチェックしておきましょう。

治験は、特定保健用食品(トクホ)の認可のためのモニターや、化粧品などの使用感調査、発売前の医薬品の臨床試験など、これも多種多様です。
モニター登録情報に、ぜんそくやアトピー、高血圧、糖尿病などの疾患がある、と入力していると、わりと頻繁に案内がきます。

自分に合ったモニターをしよう!

たくさんの種類があるモニターバイトですが、おすすめのお仕事はあるのでしょうか?
ハッキリいってしまうと、おすすめは「その人によって違う」となります。

とにかく収入を上げたい人には、報酬が高めの会場や店舗に出向いていって参加するモニターがおすすめですが、外出しないでできるお仕事をしたい人もいます。
調査系のモニターを楽しいと思う人もいれば、人に会うのが苦手な人もいます。
その人の性格や、都合をつけられる時間の長さ、好みなどによって、おすすめのモニターは違ってくるのですね。

そんな中でも、誰でも気軽にできるアンケートモニターはやはりイチオシです。
ほかのモニターバイトをゲットするにも、まずはアンケートから始まります。
アンケートに答えなくては、商品モニターやミステリーショッパーのお仕事に繋がることもできません。
モニターバイトの基本でありながら王道なのが、アンケートモニターなのです。

数あるモニターのお仕事をするにあたって、必ず通るのがアンケートモニターです。
少しの時間でマイペースにできるのも、忙しい人におすすめできるポイントです!

公開日: